日記

2022-03-24 19:30:00

立体似顔絵!?

IMG_4286.jpg

先日出店したイベント会場でお声がけいただいた縁で、

立体似顔絵?とでも申しますか、

羊毛フェルトで胸像を作ることになりました。

 

新潟ではローカルテレビ番組のタレントさんとしても有名な、

似顔絵作家の「やまだみつる」さんです。

※作品と一緒のお写真をHPやSNSに上げてもよいと承諾をいただいております!

 

人物をフェルトで作るというのがそもそも初めてで、

しかもご依頼主はキャリアもあるプロの似顔絵作家!

ご満足いただける仕上がりかどうか不安で、

お渡しするまで本気で胃が痛かったです。

 

「(似すぎてて)気持ち悪いっ笑」と、

大変気に入っていただけたご様子で、本当にホッとしました……

 

プロのお墨付きもいただけたので、

今後はこの立体似顔絵も制作ジャンルに加えてみようかな、と

思っております。

とはいえ、思ってた以上に

作るのに時間と神経を使ってしまった……という反省を踏まえ、

今のところは、やまだ様経由でもしご依頼があればお受けする、

くらいのスタンスではありますが。

 

もしご興味がございましたら、

やまだみつる様がほぼ毎週末、

新潟市中央区の「デッキー401」1階フロアの特設ブースにて

似顔絵を描いていらっしゃいますので、

そちらにお越しの上、お問合せくださいませ♪

 

思いがけぬ縁からの作品の広がり、大事にしていきたいです。

2022-03-18 18:45:00

ディスプレイ什器をDIY

IMG_4204.jpg

イベント出店をするようになって数年経つのですが、

未だにディスプレイは大雑把というかあり合わせで済ませている当工房。

テーブルに布敷いて、100均やホムセンで買ったままの台とかをなんとなーく設置して

毎回お茶を濁しております。

我ながらちょっとダサいなーとは思っております。

作品自体の方向性が別に洗練されたおしゃれアイテムというわけでもないので、

そこまで違和感もないとは思うのですが。

それにしたって、他の作家さんを見渡せば、

どなたもめちゃくちゃ凝っててレイアウトも見やすい什器を

ガッツリ使いこなしていらっしゃるのに……

(一方で、他の作家さんに比べて当工房の設営撤収がやたら早いという利点もあるのですが笑)

 

ただここ1年で、当工房のアイテムに随分ブローチが増えてきたこともあり、

(イベント出店始めて数年はほぼマスコットがメインでした)

ブローチ用に、もっと縦に見やすいディスプレイ什器が欲しい!と思い至りました。

ただざっと検索してみた感じ、

ある程度丈夫な素材を求めると、どうしても高くついてしまいます。

 

ということで、DIYです。

IMG_4150.jpg

 

本体は油絵とかに使うキャンバスの、板張りバージョンと木枠のみバージョン。

IMG_4160.jpg

 

棚部分の細い板を切ったり貼ったりして

IMG_4174.jpg

 

色を塗って

IMG_4204.jpg

完成!!

棚部分がちょっとズレたり塗り残しがあったりするのですが、

自分用だしちゃんと自立するし、上出来。

 

今週末のイベントでお披露目します〜♪

 

そして今回ようやく、この日記部分にも画像を挿入できることに気付いたので

テーマにもちょうどいいと思って入れてみました。

 

いいぞ私、ちょっとずつ進歩している。

(できる人から見たらすげえまどろっこしい手順でやってると思う)

2022-03-06 18:26:00

確定申告

一昨年からminneでの販売を開始したのですが、

ちょうどそのタイミングで疫病退散を願うモチーフ・アマビエのブームがやってきて、

ありがたいことに自分の中では今までにない売り上げがありました。

というか、その後ECサイトでもイベントでも、売り上げがその数ヶ月を上回ったことはないままなので、

マスク需要の亜種のような、一過性の波にたまたま乗れたということなのですが。

そういえばあの時は私の作ったアマビエさんも

扶桑社発行の書籍『みんなのアマビエ』にも掲載されたりして、

ハンドメイドを本格的にやっていくのに、

随分と背中を押されたのが2020年前半でした。

 

で、ちょっときちんとした金額だったので、

2021年が明けた頃に念の為ネットで調べてみましたら、

「ハンドメイドでもネットオークションでも売り上げがあったら役所に書類出すべし」とあったので、

慌てて市役所に行って、

四苦八苦して2020年の売り上げや材料費を足したり引いたりして、

それが何を意味するのか分かってないまま書類を提出。

 

その記憶も薄れた2021年の末、市役所から同じような書類が届いたので、

今年もよく分からないまま書類を提出。

 

それとは別に、私は今年の目標の一つとして

「もし今後もっとしっかりハンドメイドの売り上げを出せるようになったら、

 噂に聞く確定申告というものをしなくては。

 青色は売り上げ的にもまだ全然届かないから、

 練習がてら白色申告というものからやってみよう2022」

と思っていたのです。

 

……この辺の知識がある方はお気づきでしょうが、

私、してました。

白色申告。

すでに2回も。

 

お金は大好きだけれど、

法に絡む事務的なお金の話はまじで思考が止まります……

 

違法なことはしてないしむしろきちんとやることやってたんですけど、

自分にその自覚・理解がまるでないままでした……

 

はー恥ずかしい。

ということで引き続き、

青色申告ができるくらいを目指して頑張ります。

 

 

2022-02-26 09:31:00

綺麗事でも建前でも

本当は納税の話とか価格改定の話とか、

ここ最近勉強したり考えたりしていることの話題があったのですが、

今回はひとまず後回しにして。

 

パンデミックに引き続き、

21世紀にもなって起こり得るとは思いたくなかった侵略戦争が始まってしまいました。

専門家でもないので偉そうに自論を展開することはできませんが

(そんな輩がワイドショーやYouTubeでのさばってるのは何なんだという怒りはあります)

戦争という、異なる歴史や文化を持つものを暴力で否定する行為には断固反対します。

聞けば言論統制が敷かれているロシア本国でも、危険を賭してでも戦争反対の抗議行動が起こっているとか。

またウクライナの日本大使館が出した声明では、ロシアという国ではなく、現指導者と軍を名指しで非難しています。

目の前に危機がある状況においても、

大事なことは何で、責めるべき相手が誰なのかを冷静に見極める理性には敬意を抱きます。

 

お恥ずかしながら若い頃は、

「戦争反対」や「平和が一番」といったフレーズが

上辺だけの綺麗事に思えていました。

でもそうではなく、そうした綺麗事や建前は、

それぞれが抱える歴史的背景や経済的損益の危ういバランスを、

今後もなんとか保っていくための不断の努力の上にしか成立しないのだ、と

今では強く思います。

 

ただ、今回のことに限らず、

辛いニュースに触れ続けてしまうと

無力感で際限なく落ち込む危険性があるので、

目を逸らすのではなく、自分の意志で目を休めることも忘れずに。

 

自分がスッキリするための「分かりやすい」極論に流されずにできるだけ誠実に背景を学ぼうとすること、

営利目的ではない真摯な人命保護活動団体に、できる範囲で協力すること。

 

綺麗事を大事だと言い続けられるようにしていきたいです。

 

 

2022-02-16 11:20:00

パン作り

去年の冬から、週末にパンを焼くのがゆるくマイブームになっております。

もちもちムチムチした白いかたまりを、二の腕の鍛錬兼ねてこねることに面白みを見出しているので、

パン焼き器は最初から眼中にありません。

あとこねないパンにもあまり惹かれません。

十中八九、粘土いじり欲をここで満たしているのだと思います。

発酵で膨らむのもかわいらしい……

使う小麦粉で全然味が違ってくるのも面白いです。

春よ恋、高いだけあって美味い。

 

そんな感じなので、YouTubeでもパン作り動画を見ることが多いのですが、

こないだおすすめ欄に上がってきた動画が、

まだ二十歳そこそこなのにパン屋開業目指してる子の動画で、

溢れる若さとバイタリティ(いろんなとこに修行や見学に行ったり勉強したり)に

アラフォーの私は目と心がチカチカして眩しゅうございました……

 

ハンドメイド作家さんのお悩みでよく目にする、

「他の作家さんがキラキラしてて羨ましい・落ち込む」みたいな悩みは

幸い私にはあまり起こらないのですが、

今回見た動画や、昨年末のminneおはラボで知ったような、意欲的な作家さんのSNSに触れると、

体力気力に個人差はあれど、私も頑張るとこ頑張らねばなぁ、と

ちょっと気持ちが改まるのでした。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9
トップへ戻る